車査定と走行距離の関係を知ろう

車査定と走行距離の関係を知ろう

大切にしてきた車もいつかは手放すこととなりますが、その際は少しでも良い価格で買い取ってほしいものです。車査定の際は年式や車種、メーカーなど様々な部分がチェックされることとなりますが、特に走行距離は重要視される傾向にあります。

どれぐらいの距離を走っているかをチェック

自動車を売却する際は、できるだけ良い価格をつけてもらいたいですが、同じ年式、メーカーのものでも状態が同じというわけではありませんので、それぞれに応じた査定額がつけられることとなります。人気の車でも傷が多くついていたり、カラーによってはかなり査定が下がってしまうこともありますが、どれぐらいの距離を走っているかも査定に大きな影響が出てきます。車査定はインターネットでも行うことができますが、その際は車種や年式、さらに走行距離も入力することが一般的です。特に走行距離は査定に影響が出やすいですが、どれぐらい走っているかで車の寿命が把握しやすいとされています。

過走行の車は値段がつきにくい傾向にあります

どれぐらいの距離を走っている車が良い価格がつくのかも知っておきたいですが、まず車の査定の基準では一般的に5万キロが目安となっており、それを超えると多走行、そして10万キロを超えると過走行となり価格がつきにくくなるとされています。それゆえ、高額査定を期待できるのは走行距離が5万キロ未満となります。10万キロを超えても車が壊れるわけではありませんが、タイミングベルトはかなり劣化しているので交換が必要となることも多くなっています。最近の車はエンジンの性能も向上していますので、20万キロ、30万キロでも走れる車も多く、海外では20万キロを超えても故障しにくい日本車は人気です。それゆえ、過走行の車で良い価格を期待するのであれば海外に販路を持つ業者を選ぶこともおすすめです。

走っている距離が極端に短い場合

走行距離が長くなればなるほど車査定の価格は下がる傾向にありますが、では、走行距離が短ければ良い価格がつくのかというと必ずしもそうではありません。新しい車で走行距離が短いのは特に問題とならないことも多いですが、古い車であるにかかわらず極端に走行距離が短いことも不利になる場合があります。機械はある程度使うことで調子良く保てる面もありますので、ほとんど動かしていない車ではかえって故障しやすいという印象を与えてしまうこともあります。あまりに動かさないでいることもサビが発生するなどの不具合が出ることもありますので、やはりある程度動かしている車のほうが良い価格がつく傾向にあります。

まとめ

自動車を査定に出す際はさまざまな面からチェックしていくこととなりますが、特に走行距離は重要視されます。10万キロを超えると価格はつきにくくなる傾向にありますが、海外に販路がある場合は良い価格も期待できます。さらに極端に走行距離が短い場合も故障しやすい印象を与える場合もあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

車査定額を上げたいのなら洗車や清掃を
車査定をしてもらう場合は傷は直さないこと
車査定の電話対応を減らすコツとは!?
車査定における一括査定の注意点と営業電話の回避方法
車査定をする際の気になる注意点とは
車査定でトラブルを避けるためのポイント
見積りするなら一括車査定サービスを利用しよう
インターネット上のオンライン自動車査定が便利です
意外と短い期間でおこなえるオンラインでの車査定
車査定での価格交渉が苦手でも高値売却が目指せる
故障車両は修理してから車査定を受けるべきか
車検切れでも気軽に自動車査定してもらう方法
何社にも車査定を頼むことが高額売却への最短ルート
車買取の際に必要となる様々な書類
自動車の買取の流れはとてもシンプルになっています
中古車買取店への売却と購入店への下取りではどちらが有利か
車の買取を利用するなら事前のシミュレーションが大切です
車買取依頼をする際のしつこい営業を回避する方法
車を買取ってもらう時に印鑑証明が必要な理由
車買取で少しでも高く売るには工夫も必要
値段つかないと言われた車を買取で高く売る方法
買取業者に自動車の査定を安心して依頼することが出来ます
車の買取をしてもらうときに知っておいたほうが良い知識があります
車買取を依頼する際の法律面でのポイント