車を買取ってもらう時に印鑑証明が必要な理由

車を買取ってもらう時に印鑑証明が必要な理由

車の買取の際に手続きはどうしても必要です。その時に書類を揃えておかなくてはいけません。実は印鑑証明書が無いと車の名義変更ができません。大体、買取をすれば売却先に名義を移さなくてはいけないので印鑑証明がいるのでしょう。

誰でも知っている印鑑証明のあれこれ

大体、印鑑証明書は書類に押された印鑑が本人の実印であるかを証明するモノになります。本人の実印の印影や本人氏名、住所、生年月日が記載されているので本人確認にも役立ちます。なので、最初に印鑑を役場などで登録する必要があります。登録しておけば、役場などの公共機関で簡単に手に入れることができます。しかも、一部の区域ならコンビニでも取得できます。ちなみに発行手数料は区域によっても違いがあります。なので、事前に確認しておきましょう。ただし、普通車の名義変更の際には必要でも軽の名義変更では不要です。しかし、所有権を解除するために証明書が必要になります。

時としては2枚必要な場合がある

ちなみに名義変更の際に必要なのは一枚です。自動車税の還付委任状に添付するためにもう一枚必要になる場合があるからです。それでは還付委任状とはどんなモノなんでしょう。要するに抹消登録時に納税者(ユーザー)に返金される税金を買取店へ返金させる書類となります。といっても、還付委任状に証明書を添付するか否かは都道府県によって違いがあります。その上、印鑑証明書の期限が迫っていると流石に買取店でも受け付けてくれない場合があります。何故なら、陸運局で有効とされる証明書は取得から3ヶ月以内のものと決められているからです。

他にも注意しておくことがあるので気をつけよう

ただし、車検の期限が近い場合は証明書の期限が迫っていても大丈夫です。その理由は買取店ですぐに名義変更(抹消登録)をするので期限が迫っていても大丈夫です。引越しのとかで住所が変わった場合、役所などで印鑑証明の登録をし直さなくてはいけません。それに管轄の役所で手続きを行うと即日で取得できます。ただ、場合によっては証明書が取れない場合があるので気をつけましょう。つまり、印鑑証明の登録を行っていない場合です。この点は速やかに登録すればいいだけです。だけど、持ち主が死亡している場合は相続人代表の印鑑証明書が必要です。

まとめ

最後に買取の場合、提出する書類はきちんと揃えなくてはいけないということです。印鑑は本人を証明するモノなのであらかじめ、印鑑の登録をしておいて証明書を用意することが重要です。ちなみに証明書の期限が近い場合でも対応してくれる買取店もあるので確認しておきましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

車査定額を上げたいのなら洗車や清掃を
車査定をしてもらう場合は傷は直さないこと
車査定の電話対応を減らすコツとは!?
車査定における一括査定の注意点と営業電話の回避方法
車査定と走行距離の関係を知ろう
車査定をする際の気になる注意点とは
車査定でトラブルを避けるためのポイント
見積りするなら一括車査定サービスを利用しよう
インターネット上のオンライン自動車査定が便利です
意外と短い期間でおこなえるオンラインでの車査定
車査定での価格交渉が苦手でも高値売却が目指せる
故障車両は修理してから車査定を受けるべきか
車検切れでも気軽に自動車査定してもらう方法
何社にも車査定を頼むことが高額売却への最短ルート
車買取の際に必要となる様々な書類
自動車の買取の流れはとてもシンプルになっています
中古車買取店への売却と購入店への下取りではどちらが有利か
車の買取を利用するなら事前のシミュレーションが大切です
車買取依頼をする際のしつこい営業を回避する方法
車買取で少しでも高く売るには工夫も必要
値段つかないと言われた車を買取で高く売る方法
買取業者に自動車の査定を安心して依頼することが出来ます
車の買取をしてもらうときに知っておいたほうが良い知識があります
車買取を依頼する際の法律面でのポイント