車査定をしてもらう場合は傷は直さないこと

車査定をしてもらう場合は傷は直さないこと

車査定はオンライン上でおこなえば、気軽に価格をだしてもらえるため、売却の決断をしていない方にも推奨できます。ただし、実物を見てもらったときに、傷などで査定額が下がる可能性があることは把握しておきましょう。

自動車の売却を楽にしてくれるインターネット

インターネット上で様々なサービスが提供されている現代では、車査定もオンラインでおこなえば、簡単に金額を通知してもらえます。しかも、数社に一度に頼めるサービスを使えば、競争が起こるため、買い取り価格を上げることも可能です。本来は面倒なはずの、車査定をかなり楽にしてくれますので、売りたいと考えるなら積極的に活用しましょう。なお、実物を見てもらうことができないオンライン車査定なので、自動車の年式や走行距離などは必須の情報となります。それらは、自動車の説明書やメーターで確認できるため、申し込む前にしっかりとチェックしておきましょう。

気軽に活用できることのメリット

オンラインを使うメリットは、相手先の迷惑はそれほど考えずに申し込めることにもあります。実際のお店で活用すると、一人のスタッフの時間を奪うため、売却すると決断したときにしか利用するはずです。しかし、オンラインならば、簡易的な方法で車査定をしてもらえるので、売るかどうか決めかねている状態でも気軽に活用できます。なお、オンラインで価値が分かることはとても便利ですが、それは自動車が最良の状態の金額であることを知っておかなければいけません。そのため、傷があると、実物を見てもらったときに、提示された額よりも下がってしまうことは十分にあり得ます。

売却する自動車の傷を直しても得はしません

できる限り高く売却したいと考える方は、傷をきれいに治すことで、金額をアップしようと考えるかもしれません。確かに、傷をなくしてしまえば、確実に金額は上がります。しかし、修理時に発生した費用以上に、査定額がアップする可能性はきわめて低いでしょう。現在では、少しの凹みや傷でも修理業者ではかなりの金額を請求してくるので、採算が取れないことは容易に想像できます。そのため、損をしたくないのなら、そのままの状態で実物を車査定してもらったほうが無難となります。それに小さな傷ならば、減額対象にならない場合もあるので、決して直さずに見てもらいましょう。

まとめ

自動車の年式や走行距離などの基本的な情報を確認できるのなら、オンライン車査定を利用すると便利です。なお、凹みや傷などがあると、実物をみてもらっての査定額が下がる可能性がありますが、修理費用はそれ以上にかかるので直す必要はありません

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

車査定額を上げたいのなら洗車や清掃を
車査定の電話対応を減らすコツとは!?
車査定における一括査定の注意点と営業電話の回避方法
車査定と走行距離の関係を知ろう
車査定をする際の気になる注意点とは
車査定でトラブルを避けるためのポイント
見積りするなら一括車査定サービスを利用しよう
インターネット上のオンライン自動車査定が便利です
意外と短い期間でおこなえるオンラインでの車査定
車査定での価格交渉が苦手でも高値売却が目指せる
故障車両は修理してから車査定を受けるべきか
車検切れでも気軽に自動車査定してもらう方法
何社にも車査定を頼むことが高額売却への最短ルート
車買取の際に必要となる様々な書類
自動車の買取の流れはとてもシンプルになっています
中古車買取店への売却と購入店への下取りではどちらが有利か
車の買取を利用するなら事前のシミュレーションが大切です
車買取依頼をする際のしつこい営業を回避する方法
車を買取ってもらう時に印鑑証明が必要な理由
車買取で少しでも高く売るには工夫も必要
値段つかないと言われた車を買取で高く売る方法
買取業者に自動車の査定を安心して依頼することが出来ます
車の買取をしてもらうときに知っておいたほうが良い知識があります
車買取を依頼する際の法律面でのポイント