中古車買取店への売却と購入店への下取りではどちらが有利か

中古車買取店への売却と購入店への下取りではどちらが有利か

クルマを売る方法には、買取と下取りがあります。ですから実際に売ることを決めた時は、どちらが良いか迷うこともあるかも知れません。そこで、この2つ売却方法の内、一体どちらが有利なのか、双方の違いも含めてご紹介していきます。

クルマの高額売却を目指したいなら

一般的に、クルマを高く売るなら買取の方が有利です。買取は売却だけを行いますから、いろいろな業者から売却先を選べるのが利点です。最高値で買ってくれる業者が見付かればそこへ売れるため、高額売却が行いやすくなっています。それに対しまして、下取りは次のクルマを買うお店に、その購入代金の一部として現在のクルマを充当する売却方法です。そのため下取りはクルマの購入とセットでなければならず、売却先は購入店に限られるのがネックです。買取のように幅広い業者が選択肢になりませんので、その点が買取との大きな違いになっています。

最高額で買ってくれる業者は手軽に探せる

同じ車種でも買取業者によって査定額は開きがありますから、少しでも多くの店舗に査定してもうのがポイントです。そこで、最高額で買取ってくれる業者を探すなら、オンラインの一括査定サイトが最適です。数々の業者へ査定を依頼できるため、効率的に査定結果を集められます。さらにオンラインで済みますので、非常にお手軽といったメリットもあります。クルマの査定は実店舗でもお願いできますが、休日を丸1日潰しても、回れるのはせいぜい数件程度でしょう。その点、オンラインの一括査定なら家に居ながらできますから、「特に積極的に売りたい訳ではないけど、自分のクルマの査定額を知りたい」という場合にも便利です。

下取りの方が有利になる場合もある

一方、下取りは全てにおいて不利という訳でもありませんので、クルマを買い替える時は、双方を視野に入れておくのが肝心です。例えば一般受けしない車種を同一メーカーのクルマに買い替えるなら、ディーラーで下取りに出した方が有利になります。通常の買取店なら不人気車種のため、リセールバリューが低い場合でも、製造メーカーなら不人気車種というマイナスポイントが影響しにくいのが強みです。また、年式の古いクルマなど、買取では査定額が付かないクルマも、購入車両の値引き交渉で活用した方が、お得になることが多くなっています。そのほか、下取りは次のクルマの購入手続きと一緒に行われますので、オンラインでの一括査定は気になるものの、「しつこい営業電話が怖い」という場合にも最適です。

まとめ

最高額で買ってくれる業者を効率的に探せるため、クルマを売りたい時は、オンラインの一括査定サイトが重宝します。また、家に居ながら行えますので、とりあえず自分のクルマの査定額を知りたい場合にも便利です。一方、不人気車種を同一メーカーで買い替える場合や、年式が古くて買取価格が付かないクルマなどは、下取りに出し、購入車両の値引き交渉の材料として使った方が有利になる傾向があります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

車査定額を上げたいのなら洗車や清掃を
車査定をしてもらう場合は傷は直さないこと
車査定の電話対応を減らすコツとは!?
車査定における一括査定の注意点と営業電話の回避方法
車査定と走行距離の関係を知ろう
車査定をする際の気になる注意点とは
車査定でトラブルを避けるためのポイント
見積りするなら一括車査定サービスを利用しよう
インターネット上のオンライン自動車査定が便利です
意外と短い期間でおこなえるオンラインでの車査定
車査定での価格交渉が苦手でも高値売却が目指せる
故障車両は修理してから車査定を受けるべきか
車検切れでも気軽に自動車査定してもらう方法
何社にも車査定を頼むことが高額売却への最短ルート
車買取の際に必要となる様々な書類
自動車の買取の流れはとてもシンプルになっています
車の買取を利用するなら事前のシミュレーションが大切です
車買取依頼をする際のしつこい営業を回避する方法
車を買取ってもらう時に印鑑証明が必要な理由
車買取で少しでも高く売るには工夫も必要
値段つかないと言われた車を買取で高く売る方法
買取業者に自動車の査定を安心して依頼することが出来ます
車の買取をしてもらうときに知っておいたほうが良い知識があります
車買取を依頼する際の法律面でのポイント