故障車両は修理してから車査定を受けるべきか

故障車両は修理してから車査定を受けるべきか

ウェブの一括査定サイトは、損をせずに車が売れることから人気になっています。ですが、車が故障している時は、修理をしてから売った方が良いのか、悩むところです。そこで、故障している車を売却する時はどうすれば良いのか、今から詳しくご案内します。

故障車両の売却を検討しているなら

今ではウェブの一括査定サイトがありますから、それを使うことで高値で買ってくれる業者をすぐに発見できます。少しでも高く売りたい時は非常に有効な手段ですが、肝心の車が故障している状態では、減額されてしまうことも目に見えています。この場合、修理を済ませてコンディションを整えてから車査定を受けた方が良いような気もしますが、原則的には修理をせずに売った方がお得です。わずかな実費で自分で修理できる場合などは別ですが、自動車整備工場などへ依頼して、本格的な修理が必要な状況では、修理する意味はあまりないと言えます。

なぜ故障したまま売った方が良いのか

修理しない方が良い理由は、修理代金には整備工場側の儲け額も入っているからです。もちろん修理をすれば、故障したままで売るよりも高く売れるのは事実ですが、支払った修理代金以上の金額が上乗せされることは殆どありません。買取業者では大抵自社工場を持っていますから、修理が必要な場合は、儲けを抜いた安い費用で修理できるのです。そのため整備工場の儲け分を含んだ修理代金を回収するのは無理に等しいため、故障したまま車査定を受けた方が賢明になります。ですから、先ずは修理をせずに、ウェブの一括査定サイトで見積もりを集めると良いでしょう。また、電話を掛けて欲しくない時は、Eメールで結果を連絡するようにしておくと便利です。

車体に付いた傷を補修する場合も同様

そのほか、故障というほどではないものの、車体に傷が付いている時も同様です。板金塗装の補修費用は高額になるケースもあり、特にディーラーへ依頼した場合は、たいがい社外の板金塗装業者に委託されます。この場合、業者の儲け額に加え、ディーラーの仲介手数料などが加算されますと、補修費用を車査定で回収することはほぼ不可能です。つまり、修理や補修を行うだけ損ということになります。一方、故障した車を売って買い換えるか、修理して乗り続けるか、どちらにするか迷っている場合も、一括査定サイトが使えます。もしも査定額が高ければ売れば良いですし、査定額が低ければ修理に出して乗り続けるなど、一定の方向性が見い出せます。車の査定額を知りたいだけで、売るとは決めていない状況でも利用できますので、有効に使っておきましょう。

まとめ

故障した車を売る時は、原則として修理せずに売った方がお得です。修理費用には業者側の儲け額も入っていますから、それを車査定で回収することは事実上困難です。また、壊れた車両を売って買い換えるか、修理して乗り続けるかで迷っている場合も、一括査定サイトを使いましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

車査定額を上げたいのなら洗車や清掃を
車査定をしてもらう場合は傷は直さないこと
車査定の電話対応を減らすコツとは!?
車査定における一括査定の注意点と営業電話の回避方法
車査定と走行距離の関係を知ろう
車査定をする際の気になる注意点とは
車査定でトラブルを避けるためのポイント
見積りするなら一括車査定サービスを利用しよう
インターネット上のオンライン自動車査定が便利です
意外と短い期間でおこなえるオンラインでの車査定
車査定での価格交渉が苦手でも高値売却が目指せる
車検切れでも気軽に自動車査定してもらう方法
何社にも車査定を頼むことが高額売却への最短ルート
車買取の際に必要となる様々な書類
自動車の買取の流れはとてもシンプルになっています
中古車買取店への売却と購入店への下取りではどちらが有利か
車の買取を利用するなら事前のシミュレーションが大切です
車買取依頼をする際のしつこい営業を回避する方法
車を買取ってもらう時に印鑑証明が必要な理由
車買取で少しでも高く売るには工夫も必要
値段つかないと言われた車を買取で高く売る方法
買取業者に自動車の査定を安心して依頼することが出来ます
車の買取をしてもらうときに知っておいたほうが良い知識があります
車買取を依頼する際の法律面でのポイント